静岡県のオーディオ買取は、高額査定で評判のオーディオ買取屋に。

静岡県は、中部地方南東部に位置する県。県庁所在地は静岡市。日本で最も小学生の早寝早起き率が高い。大きくは、東部・中部・西部の3地域に区分され、車のナンバーは「静岡」「浜松」「沼津」「伊豆」「富士山」の5種類。

磐田市にはヤマハミュージックエレクトロニクスの本社があり、袋井にはその工場がある。また、浜松市には、ヤマハから独立した技術者たちによって設立された音響機器メーカーのフライングモールの本社がある。

静岡交響楽団は、静岡市を本拠地とする日本オーケストラ連盟準会員のオーケストラである。1988年に設立された「カペレ・シズオカ」を前身とし、1994年に静岡県初のプロ・オーケストラとして現称で発足した。

榛葉昌寛は、掛川市出身のテノール歌手である。彼は日本人初のマリア・カラス賞を受賞している。また、熱海市出身の大野雄二は、「ルパン三世」などのテレビアニメ・映画のテーマ音楽を数多く手がけている作曲家、編曲家、ジャズピアニストである。

静岡県には2,000席以上のホールが2つある。浜松市の「アクトシティ浜松」、静岡市の「静岡県コンベンションアーツセンター・グランシップ」である。一方で、富士市の「富士市文化会館・ロゼシアター」と焼津市の「焼津市文化センター」は「音響家が選ぶ優良ホール100選」に選出されている。

残したい「日本の音風景100選」には、遠州灘の「遠州灘の海鳴・波小僧」、川根本町の「大井川鉄道のSL」が選出されている。また、裾野市の芦ノ湖スカイライン(上り線)はメロディーロードとして知られており、乗用車のタイヤとの摩擦で音で「ふじの山」が流れる。

県民愛唱歌は「富士よ夢よ友よ」。県の歌は「静岡県歌」。1番の冒頭を取った「あけゆく朝」、もしくは1・2・3番の締めの部分を取った「われらの静岡県」と通称される場合もある。

アンプ、プレーヤー、デッキ、スピーカーなどのオーディオ高価買取は、オーディオ買取屋にお任せください。

静岡県の全市町村を対象に、送料無料・査定無料でオーディオを高価買取しております。

ラックスマン、ヤマハ、アキュフェーズなどの国内メーカーはもちろん、マランツ、リン、マッキントッシュなどの海外ブランドにも対応。また、カートリッジやケーブル、あるいは壊れたオーディオ機器も無料で査定いたします。不要なオーディオがお手元にございましたら、知らないメーカーでも、どんな状態でも、まずはオーディオ買取屋にご連絡ください。

オーディオ買取屋からの5つのお願い

  • 1.他店より1円でも買取金額が低い場合は、ご連絡ください。

    オーディオ買取屋では、オーディオに精通したスタッフが徹底した市場調査(他店比較も含め)をコンスタントに行い、最新のオーディオ買取適正価格を把握しています。それでも時折、静岡県では当店がNo.1ではないこともございます。そういった場合は、どうかご遠慮なさらず「他店では●●円だった」とお申し付けください。できる限りご対応させていただきます。

  • 2.手間をかけないでください。

    オーディオを売るのに手間はかけないでください。当店では買取方法として、「送料無料の宅配買取」「梱包不要の出張買取※」「安心の店頭買取」の、3つの買取方法をご用意して、お客様の負担軽減に努めております。また、梱包方法も動画で解説しております。もしご不明な点がございましたら、どうぞご連絡ください。 ※出張買取は、買取総額が30万円以上で、関東、甲信越、中京(一部お伺いできない地域もあります)にお住まいのお客様限定のサービスです。

    簡単!買取の流れはこちら
    買取の流れ

  • 3.ご相談はお気軽に。

    当店はオーディオをこよなく愛した世代が中心のオーディオ買取専門店です。50代・60代の方からも「話しやすかった」とご好評いただいております。買取はおもてなしです。技術屋一筋40年のオーディオ紳士が、心をこめてご対応いたします。どうぞお気軽に、何でもご相談ください。

  • 4.壊れていても、捨てないでください。

    オーディオ買取屋には、技術屋ひとすじ40年のスタッフも在籍しています。ですから、壊れていても大丈夫。修理可能なものについては、直して次に大切に使ってくれる方へお譲りできます。壊れているから。と、諦めないでください。まずは当店へご連絡ください。オーディオ買取専門店のスタッフが、しっかりと査定いたします。

  • 5.即入金システムです。ご安心ください。

    ご連絡をいただきましたら、すぐに到着のメールを差しあげております。また、ご成約に至った際の入金も迅速です。オーディオを売るなら、ぜひオーディオ買取屋にお任せください。

静岡県のオーディオ買取最新事例